眠れない悩みには睡眠薬を

\90秒で注文完了/睡眠薬の購入はこちら
不眠に悩む人の様子寝る気があるのに全然眠たくない…!そんな経験、一度はあることでしょう。

こうした経験が時々あるという程度であれば問題ありませんが、毎日のように眠れない…というように睡眠に関する悩みがある場合には、睡眠薬の力をちょっと借りたほうが良いかもしれません。

睡眠薬は依存性が高い、副作用が強いといったイメージがあるかもしれませんが、最近の睡眠薬は依存性・副作用ともに抑えられているので安心して飲んでいただけます。

しかも、病院へ行けない方でも通販にて睡眠薬を購入できますので、お忙しい方でも手軽に睡眠薬をお使いいただけます。

こちらのサイトでは、あなたの快適な睡眠ライフのお手伝いをサポートします。

  1. 眠れないあなたに睡眠薬は必要?不眠症タイプチェック
    1. 寝付きの悪い【入眠障害】
    2. 途中で目が覚めてしまう【中途覚醒】
    3. 早朝に目が覚めてしまう【早朝覚醒】
    4. 寝たのに疲れが取れていない【熟眠障害】
    5. 不眠をそのままにしておくと…
      1. 精神疾患を引き起こす
      2. 生活習慣病のリスク上昇
      3. 日常生活への支障
  2. 市販の睡眠改善薬と病院の睡眠薬の違い
    1. 手軽に買える【睡眠改善薬】
    2. 処方箋が必要な【睡眠薬・睡眠導入剤】
  3. 睡眠薬の通販には2種類ある
  4. 病院と通販(個人輸入)どっちがおすすめ?
    1. 安く睡眠薬を買いたい方は【通販】
    2. 今すぐ睡眠薬が欲しい方は【病院】
    3. 誰にもバレずに睡眠薬を買いたい方は【通販】
    4. 睡眠薬の服用が不安な方は【病院】
    5. 睡眠薬は必要ないと診断されてしまった方は【通販】
    6. 自分にぴったりの睡眠薬を見つけたいなら【通販】
  5. 通販で睡眠薬を買うのは本当に危険なのか?
  6. 睡眠薬を通販で買う前に知っておいてほしいこと
    1. 安心できる通販サイトを見極めるために
    2. まとめ買い&早めに注文
    3. 自分が使う分だけ注文
    4. 100%自己責任
  7. 通販で買えるおすすめ睡眠薬
    1. バスパージェネリック
    2. ルネスタジェネリック
    3. ソミナー
    4. セディール
  8. 通販で買える人気の睡眠サプリ
    1. メラトニン(メロセット)
    2. タガラ
    3. メラトニンタイムリリース
  9. 通販の睡眠薬を正しく使おう
    1. 睡眠薬は必ず用法用量を守る
    2. アルコールとの併用は避ける
    3. 服用後は速やかに布団へ
    4. 自分の判断で服用を中止しない
  10. 通販の睡眠薬と一緒に取り入れたい快眠ライフ
    1. ストレスは溜めないように
    2. 健康的な食生活
    3. 適度に運動する
  11. 睡眠薬通販の口コミまとめ
    1. Aさん(女性 30代)
    2. Bさん(男性 50代)
    3. Cさん(男性 40代)
  12. 睡眠薬の通販Q&A
    1. Q、睡眠薬は眠れない夜だけ飲むのはOK?
    2. Q、通販で安く睡眠薬を買う方法はある?
    3. Q、ちょっとでも早く届けてもらう方法はある?
    4. Q、睡眠薬はどんどん量を増やさないと効果を感じなくなる?

眠れないあなたに睡眠薬は必要?不眠症タイプチェック

睡眠の悩みは人によって違うかと思いますが、睡眠を改善する方法の一つに「睡眠薬の使用」が挙げられます。もちろん、何でもかんでも睡眠薬に頼るのはよくありませんが、逆に辛い思いをしているのに睡眠薬は我慢するというのはオススメしません。

なので、ここでは睡眠薬を飲むべきかどうか?不眠症のタイプと照らし合わせてチェックしてみてください。

寝付きの悪い【入眠障害】

昔はベッドに入ったらすぐ眠れていたのに、最近は全然寝付けなくなってしまった…。そんな症状がある方は入眠障害と呼ばれる不眠症の可能性があります。

就寝時間は人それぞれ違いますが、健康体の方はベッドに入り消灯してから30分以内に入眠しています。もしも、毎回入眠まで2時間以上かかっているということであれば睡眠薬を飲んでみても良いでしょう。

途中で目が覚めてしまう【中途覚醒】

誰でも環境(音・光・気温など)によって寝ている間に目覚めてしまうこともありますが、環境には問題がないのに夜中に目が覚めてしまうという場合には中途覚醒の可能性があります。

夜中に2回以上目が覚める、途中で目覚めると再入眠できないといった方は要注意です。

早朝に目が覚めてしまう【早朝覚醒】

年齢を重ねるとともに起床時間は早くなる傾向がありますが、起きる予定時刻よりも2時間以上目覚めてしまう場合には早朝覚醒の可能性が考えられます。

一度目が覚めても再入眠できれば問題ありませんが、早朝に目覚めることによる苦痛を感じているのであれば不眠症の症状です。

また、早朝覚醒はうつ病に多く見られる症状のため、病院を受診しましょう。

寝たのに疲れが取れていない【熟眠障害】

よく眠ったはずなのに、朝目覚めると体の疲れが取れていなかったり寝た気がしないという場合には熟眠障害の可能性があります。

睡眠に重要なのは時間よりも質ですが、いくら眠っても睡眠に不満を感じているようであれば、睡眠薬の力を借りても良いでしょう。

不眠症には4つのタイプがありますが、これらの症状が1ヶ月以上続き、心身ともに苦痛を感じている場合には睡眠薬が必要と考えられます。

不眠症の治療は生活の見直しとともに睡眠薬の服用を行ないます。

そうすれば不眠症の症状は徐々に改善されていきますが、病院へ行くのが面倒だから…といってそのままにしてしまう方も。

では、もしも不眠症の症状に心当たりがあり、そのままにしておくとどうなってしまうのでしょうか?

不眠をそのままにしておくと…

もしも眠れない日々が続くとどうなってしまうのでしょうか?

たかが不眠症と捉えている方もいるかも知れませんが、睡眠は健康に大きく影響している要素なので放置するのは絶対にNGです。

精神疾患を引き起こす

不眠症が続くと「今日もちゃんと眠れないのかな…」「早く寝なくちゃ」と不安や焦りが生じて、ますます眠れなくなってしまいます

場合によってはベッドに入ると緊張してしまったり、睡眠が苦痛に感じてしまったり。不眠症状がうつ病や不安障害などの精神疾患の引き金になってしまうことも少なくないので要注意です。

生活習慣病のリスク上昇

不眠症状を訴えている人は健康体の方と比べて生活習慣病になるリスクが高くなります。

糖尿病のリスクは2~3倍UP高血圧のリスクは約2倍UPすると言われています。糖尿病と高血圧を併発してしまうと、脳や血管系の病気リスクも上がるので注意が必要です。

日常生活への支障

不眠症になると睡眠の質が低下して、日中に眠たくなる可能性が高いです。

眠ってはいけない時に眠たくなってしまうと、仕事に集中できなかったり家事が手につかなかったり…。また、それだけではなく、車を運転中や高所での作業中であれば命を落とす危険もあります。

不眠症をそのまま放置していると、健康に悪影響を与えるだけではなく最悪の場合は命に関わってきます

不眠症は非常に辛い症状ですが、睡眠薬を服用すればすぐに良くなります。簡単に手に入るので我慢せずに活用しましょう。

市販の睡眠改善薬と病院の睡眠薬の違い

睡眠薬を使ってみようかな…ということであれば、どこで薬を入手できるでしょうか?

睡眠薬は病院でも処方してもらえますが、市販薬であれば薬局やドラッグストアでも販売されているので比較的入手しやすいです。

ただ、誰でも購入できる市販薬と病院で処方してもらう睡眠薬は効果が全然違います。なので、不眠症の方は市販薬を飲んでも効果が感じられないケースが多いです。

では、病院と市販の商品はどのように違うのか?それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

手軽に買える【睡眠改善薬】

通販を利用している人ドラッグストアや薬局で誰でも購入できる睡眠薬は、正確には睡眠改善薬と呼ばれるものです。

有名な商品にはドリエル、アンミナイト、ネオデイなどが挙げられ、一時的な不眠症状を改善する場合に有効です。

睡眠改善薬は風邪薬や花粉症薬を服用した際に生じる眠気を利用した商品になります。自然な眠りへ導いてくれますので、寝付けない夜に飲むとバッチリです。

ただし、睡眠改善薬はあくまで一時的・軽度の症状に有効な薬で、症状に応じた有効成分ではないため、服用しても満足のいく効果が得られない場合もあります。また、慢性的な不眠症で悩む方には向いていませんのでご注意ください。

処方箋が必要な【睡眠薬・睡眠導入剤】

睡眠薬や睡眠導入剤と呼ばれる薬は、処方箋が必要なお薬になります。これらは処方薬と呼ばれますが、不眠症治療で処方されます。

治療に使われる睡眠薬は、不眠症の種類が色々あるように睡眠薬にも様々な種類があります。それぞれの睡眠薬で作用時間が違ってきますので、悩みよって使い分けます。

寝付きが悪い方には即効性のある超短時間型もしくは短時間型の睡眠薬、中途覚醒で悩んでいる方はゆっくり効果が現れる中時間型の睡眠薬、早朝覚醒で悩んでいる方は長時間効果が持続する長時間型の睡眠薬というように、不眠症タイプに合った睡眠薬を試せますので、いち早く不眠の悩みを解決できます

つまり、

・時々眠れない時があるというお悩みを持つ方は「睡眠改善薬」

・慢性的に眠れない悩みを持つ方は「睡眠薬・睡眠導入剤」

が正しい選び方になります。

何を選べばいいか分かれば、あなたの「眠れない」悩みとはおさらばできます。

睡眠薬の通販には2種類ある

眠れないという悩みは、放置するとどんどん悪化していく可能性がありますのでなるべく早く改善させることが大切です。

ただ、忙しくて病院に行けない…。そんな場合には通販を利用すれば病院へ行かなくても睡眠薬を購入できます。

ただ、睡眠薬の通販には大きく2つの方法があります。

1つ目は楽天・Amazon・ドラッグストアのオンラインショップなどの通販。

2つ目は海外医薬品を輸入する通販。

前者の場合は、先程も紹介したように睡眠薬ではなく「睡眠改善薬」のみの取り扱いになります。

たまに寝付きが悪い、夜勤シフトで寝れない時があるというような一時的な症状で悩んでいる場合には、こうした一般的な通販でよいでしょう。国内通販サイトの場合には即日配送サービスもあり、注文後2~3日で受け取れる特徴があります。

ただし、処方箋が必要な睡眠薬・睡眠導入剤は購入できません

一方、海外医薬品を輸入する通販は、処方箋がなくても睡眠薬や睡眠導入剤を購入できます。また、ドラッグストアでも購入できるような海外の睡眠改善薬・睡眠サプリも取り扱っていますので、様々な不眠の悩みに対応しています。

海外医薬品や輸入に対して不安に思う方も多いでしょうが、安全なサイトを利用すれば偽物が届くなんて事はありませんし、輸入と言っても通常の通販サイトと同じ手順で注文できるので難しくありません。

ただし、海外発送になるので届くまで2週間前後かかってしまいます

それぞれの通販はほとんど同じ利用手順ですが、購入できる商品や届く期間が違います。

人によって不眠の悩みが違うので一概にどちらが良いとは言えませんが、どうせ通販で買うなら取扱商品数が多い海外医薬品の通販がおすすめです。

病院と通販(個人輸入)どっちがおすすめ?

ドラッグストアの睡眠改善薬では効果が全く感じられなかった…そういった場合には睡眠薬や睡眠導入剤を服用すれば悩みは解消されることでしょう。

睡眠薬を手に入れるには病院で診察を受けるか海外医薬品の通販を利用するかの2択になります。

手にする睡眠薬がたとえ同じであっても病院と通販では特徴が違いますので、ケースバイケースで使い分けましょう。

安く睡眠薬を買いたい方は【通販】

不眠症で睡眠薬を処方してもらう場合、健康保険が適用されますので3割負担で睡眠薬を処方してもらえます。そのため、薬代は安く抑えられます。

ですが、病院へ行くということは、薬代の他にも診察料、処方せん料、交通費などがかかります。

しかし、通販であれば医師の診察は受けませんし、通院も不要なので全体的に費用を抑えられます。また、通販では日本にはないジェネリック医薬品も多数あるので、かなりお安く買えます。基本的には薬代の他に送料がかかりますが、送料を合わせても通販のほうがお得です。

今すぐ睡眠薬が欲しい方は【病院】

長らく不眠の症状を感じていて、今日の夜にでも睡眠薬を使いたいという場合は病院へ行きましょう。

睡眠薬の処方は内科・精神科・心療内科など何科でも構いません。病院・クリニックによっては患者数が多くて混雑していることもありますが、遅くても当日中には診察が終わって睡眠薬を処方してくれます

通販となれば注文してから受取までに約2週間かかってしまうので、急いでいるときには不向きです。

誰にもバレずに睡眠薬を買いたい方は【通販】

通販を利用している人不眠症治療は保険診療なので治療の履歴が残ります。また、通院時に誰かに会うこともあるでしょう。ですが、通販であれば注文はスマホで受取は指定住所になるので、誰かに睡眠薬を買っているところがバレる事はありません。また、通販サイトの多くは郵便局留めにしておけますので、自宅や職場住所は困る場合でも問題ありません。

睡眠薬の服用が不安な方は【病院】

医師の処方が必要な薬というのは効果が高い分、副作用のリスクもあります。用法用量を守って服用すれば安全な薬ですが、飲み方を間違ったり体質によっては副作用が出ることもあるので初めて睡眠薬を服用する場合には不安を感じることもあるでしょう。そういった場合、通販であれば自分で用法用量や服用時の注意を把握しておかなければなりませんが、病院であれば医師がすべて説明してくれます。

体質や服用中の薬がある方でも安心して睡眠薬を服用できます

睡眠薬は必要ないと診断されてしまった方は【通販】

睡眠薬は医師の診断のもと処方されます。ただ、睡眠薬がほしいと思っていても、医師が必要ないと診断すれば睡眠薬は処方してもらえません

ただ、通販であれば処方箋が必要ないので、病院で睡眠薬を処方してもらえなかったという場合でも睡眠薬を購入できます。

自分にぴったりの睡眠薬を見つけたいなら【通販】

病院を受診した場合、医師が最適だと判断した睡眠薬を処方してくれます。しかし、処方してくれた薬が体に合わなかったり金銭的に不満があったりすることもあるでしょう。

そういった場合、通販であれば日本未承認の(ジェネリック)睡眠薬も多く取り扱っていますし、自分で購入する商品を選べます。

通販で睡眠薬を買うのは本当に危険なのか?

病院でもらえる睡眠薬を使いたいものの、仕事が忙しくて通院できない場合や怪我をしていて通院が困難な場合。そんな時に便利なのが通販ですが、「通販の薬は偽物」「通販で薬を買うのは危険」といった噂があります。

この噂は残念ながら本当の話です。

そのため、通販で睡眠薬を買うことに抵抗を感じる方も多いです。

では、もしも悪質な通販サイトを利用してしまうとどうなってしまうのか…?

・有効成分の含有量が少ないor全く配合されていないので効果が出ない

・不純物や違法薬物が配合されていて健康に悪影響が出る

・自分の個人情報が流出する

・入金したのに商品が届かない

・購入代金が詐欺グループの資金として使われる

といった被害に遭う恐れがあります。

また、悪質通販サイトだと知らずに利用しても逮捕される可能性があるので、利用時には十分注意しましょう。

ただし、すべての通販サイトが危険なわけではないので「通販=NG」にはなりません

正規品だけを取り扱っている安全性の高い通販サイトを利用すれば何のトラブルも起こりませんので、通販で睡眠薬を購入するときには本当に安心して利用できるか?考えた上で利用しましょう。

睡眠薬を通販で買う前に知っておいてほしいこと

初めて通販で睡眠薬を購入しようと思っている方は色々と不安に感じることも多いでしょう。

睡眠薬の通販は難しくありませんが、利用前に知っておいてほしいことがいくつかあるのでご紹介しておきます。

安心できる通販サイトを見極めるために

悪質な通販サイトが存在するということはお話しましたが、実際に悪質かどうか見極めるにはどうすればよいのでしょうか?

パッと見ただけで怪しいと感じた場合には利用しないことが一番ですが、中には安全かどうか見分けがつかない通販サイトもあります。なので、こちらで安全性の高い通販サイトの特徴を紹介します。

・運営元情報が記載されたページがある(責任者名、所在地、電話番号などがないと安心して取引でない)

・通販サイトのURLが「https~」で始まっている(http~では、セキュリティに問題あり)

・安すぎない(安すぎると偽物の可能性大)

・クレジットカード払いOK(カード会社が通販サイトを信頼している証)

・問い合わせサポートあり(メールや電話可能であればトラブル時に対応してもらえる)

・口コミあり(口コミ投稿が多いほど利用者も多いことになるので安心)

まとめ買い&早めに注文

通販で購入する商品はいずれも海外発送となるので、受取までに時間がかかってしまいます。そのため、なるべく早めに注文する必要があります。また、まとめ買いすることで割引や送料無料サービスもあるので、注文は早め&まとめ買いするようにしましょう

ただし、まとめ買いできる量には制限があり、買いすぎると使用期限が過ぎてしまうので気をつけてください。

自分が使う分だけ注文

不眠に悩む人の様子睡眠薬の通販は、正確には個人輸入と呼びます。個人輸入は日本で認められていますが、個人が利用する場合に限ります。そのため、自分が使う分の睡眠薬しか購入できません。

家族・恋人・友達の分もまとめて買う、購入した商品をプレゼント・転売などはすべて違法行為になるので注意してください。

100%自己責任

個人輸入はすべて自己責任での利用となります。なので、通販で買った薬を飲んで副作用が出たとしても救済制度は利用できませんし、悪徳業者に騙された場合でも自分で対応しなければなりません。自己責任というと気が引けるかもしれませんが、安全な通販サイトを利用すれば問題ありません。

通販で買えるおすすめ睡眠薬

通販サイトでは海外の睡眠薬・睡眠導入剤を多数取扱っています。そのため、不眠の悩みに合わせて最適な睡眠薬を選べます。

実際に通販サイトを見ていただいた上で自分に合った睡眠薬を選ぶのが一番ですが、何を選ぼうか悩んでいる方のためにおすすめの睡眠薬を4種類紹介します。

バスパージェネリック

バスパーのジェネリック医薬品でお安く購入できます。

有効成分であるブスピロンには脳内のセロトニン濃度を高めて、気持ちを鎮静させる働きがあるので不眠症だけではなく、不安障害や鬱症状にも有効です。また、バスパージェネリックは長期間服用しても依存性や副作用が少ないので安心して使用できます。

ルネスタジェネリック

ルネスタのジェネリック医薬品でお安く購入できます。

有効成分であるエスゾピクロンには寝付きを良くする働きがあり、効果にも即効性があるので入眠障害でお悩みの方に有効です。

苦味を感じやすい睡眠薬ではあるものの、ルネスタジェネリックも耐性ができにくいので、長期間の服用も可能です。

ソミナー

ソミナーは日本未承認の睡眠薬です。

有効成分であるドキシラミンは抗ヒスタミン作用があり、睡眠を促すだけでなくアレルギー症状緩和にも効果があります。

比較的早く効果が現れるため、寝付きの悪い入眠障害に最適です。また、他の睡眠薬に比べて効果は穏やかなので、睡眠薬には抵抗がある方にもおすすめです。

セディール

セディールは国内処方のセディール錠と同じ睡眠薬です。

有効成分であるタンドスピロンクエン酸にはセロトニンの分泌を活性化させる働きがあり、不安や緊張を緩和させて眠気を誘います。

また、セディールは依存性と耐性が低い特徴があるため、長期的に服用する場合でも安心です。

通販で買える人気の睡眠サプリ

薬服用の様子通販では処方箋が必要な睡眠薬や睡眠導入剤だけでなく、自然な睡眠を促す睡眠サプリもあります。

睡眠サプリは医薬品ほど高い効果は期待できないものの、副作用の心配がなく寝付きがよい体質へ導いてくれます

重度の不眠症の方には睡眠薬がおすすめですが、時々眠れない事があるという方や睡眠薬には頼りたくないという方には睡眠サプリが良いでしょう。

ここでは、通販で購入できる人気の睡眠サプリを3種類紹介します。

メラトニン(メロセット)

メラトニンは快適なスミンをサポートするサプリメントです。

こちらのサプリメントには睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌促進を助ける働きがあり、体内時計をリセットして眠りやすい体を目指します。また、不眠症だけでなく時差ボケにも有効なので、海外へ行く機会が多い方にもぴったりです。

タガラ

タガラはリラックス効果のある睡眠サプリです。

セイヨウカノコソウという植物エキスを使用しており、科学的な成分は一切配合されていないので、どなたでも安心して服用できます。

寝付きが悪い悩みを根本的に改善していきたいといった方におすすめです。

メラトニンタイムリリース

メラトニンタイムリリースは体内で不足するメラトニンを補うサプリメントです。

不規則な生活やストレスによるメラトニン不足を解消することで、様々な不眠症状の悩み改善や体内時計の正常化の効果が期待できます。生活が不規則になりがち、睡眠に不満がある方におすすめです。

通販の睡眠薬を正しく使おう

なかなか寝付けない、いつも夜中に目が覚めてしまうというような睡眠の悩みがある方は、睡眠薬を飲むと朝までぐっすりと眠れるようになります。

病院で睡眠薬を処方してもらう場合には医師から服用に関する注意事項を教えてもらえますが、通販で睡眠薬を購入する場合には自分で調べなければなりません

通販サイトには各商品のページに薬の使い方や服用時の注意点は詳しく記載されていますが、ここでは睡眠薬の基本的な飲み方についてお話します。

睡眠薬は必ず用法用量を守る

現在の睡眠薬は副作用が少ないものが多いですが、それでも用法用量を守らなければ十分な効果は得られないだけでなく、副作用が出てしまう恐れがあります

効果が感じられないからと言って規定量より多く飲むようなことは絶対NGです。

アルコールとの併用は避ける

お酒にも睡眠薬と同じように眠たくなる作用があります。しかし、睡眠薬の効果を高めようと一緒に飲むのは絶対にNGです。

というのも、睡眠薬とお酒を併用すると肝臓の代謝を悪くするので、睡眠薬の副作用が強く現れやすくなります。

睡眠薬を服用する時は必ず水過ぬるま湯にしておきましょう。

服用後は速やかに布団へ

睡眠薬は原則就寝前に服用します。というのも睡眠薬は眠気を誘うお薬なので、服用すると眠たくなってきたふらつきやめまい、記憶障害などが起こる恐れがあります。

安全に睡眠薬を服用するためにも、寝る直前に服用するようにしましょう。

自分の判断で服用を中止しない

睡眠薬を服用するようになると、徐々にちゃんと眠れるようになってきます。もしかすると睡眠薬を飲まなくても眠れるんじゃないか?と思ってくるかもしれませんが、自己判断で服用を中止すると副作用が出たり不眠が悪化する恐れがあります。

依存性が低い睡眠薬も多いですが、服用をやめる時は基本的には減薬していくので病院へ行きましょう。

通販の睡眠薬と一緒に取り入れたい快眠ライフ

通販の睡眠薬を活用すれば手軽に不眠の悩みを改善できますが、なるべく薬に頼らず眠れるようになりたい…と思いませんか?

睡眠薬は服用するだけで自然と眠たくなってきますが、日常生活を見直せば更に快眠をサポートしてくれますし、いずれは睡眠薬に頼らなくてもぐっすり眠れるようになるでしょう。

そこで、快眠に近づくためのポイントをお教えします。

ストレスは溜めないように

日々の生活で全くストレスを感じないことは不可能です。ただ、ストレスは不眠の原因だけでなく心身ともに悪影響を与える要因なので、ストレスと上手く付き合っていくことが大切です。

ストレス発散方法は色々とありますが、マッサージ、ヒーリングミュージックを聴く、温かいお風呂へ浸かる、ゆっくりと大きく呼吸するように心がけるだけで気持ちが落ち着いて眠りやすくなります。

健康的な食生活

食事は体の健康に大きく関与しており、食事のタイミングやメニューによっても睡眠の質が変わってきます

食事はなるべく決まった時間に食べるようにして間食は避けることで生活リズムが規則正しくなり、摂取する栄養素によって快眠に近づきます。特に快眠に良いとされている栄養素は、メラトニンを作るトリプトファン(バナナ、豆製品、アボカド、肉類など)リラックス作用のあるギャバ(雑穀、トマト、ココアなど)が挙げられます。

逆に眠気を妨げる栄養素にはカフェインが挙げられます。カフェインには覚醒作用があるので、就寝する数時間前には緑茶やコーヒーなどの摂取は控えるようにしましょう。

適度に運動する

体を動かすことによって体は疲労して寝付きがよくなります

激しい運動でなくても、30分程度のランニング・ウォーキング・スイミングなどでも十分な効果が期待できます。ただし、就寝前の運動は脳を興奮させてしまうのでNGです。

睡眠薬通販の口コミまとめ

海外医薬品を取り扱う通販サイトでは、様々なジャンルの医薬品がありますが、中でも睡眠薬は人気があります。

とは言っても「ぶっちゃけ通販の睡眠薬ってどうなの!?」と思っているでしょうし、ここでは普段から睡眠薬を通販で買っている方の口コミを紹介します。

Aさん(女性 30代)

通販で睡眠薬を買うようになったのは半年前になります。それまではよくあるドリエルという商品を飲んでたんですがあまり効かなくて…。でも病院にいくほどの不眠ではないと思ったので通販でハイプナイトという商品を買いました。

服用するようになってしばらく経ちますが、本当に毎日が快眠です。

朝まで一度も起きることはありませんし、だからといって朝まで眠気が残ってることもないので通販で買って大正解でした。

Bさん(男性 50代)

前の仕事で夜勤があったので不眠症っぽかったんですけど、通販のサプリを飲むようになってようやくマシになってきた気がします。

今はガッツリ昼寝しない限りは夜寝れないなんてことにはならないので助かってます。

最初はサプリなんてってわりと馬鹿にしてたんですけど、案外効くみたい。おすすめ。

Cさん(男性 40代)

以前は病院でルネスタを処方してもらっていましたが、病院へ行けないこともあるのでストック用に通販でジェネリックの商品を買ってます。

海外製だからとかジェネリックだからといって効果が劣るようなことはありませんし、飲んだときの違いも分かりません。値段はめちゃくちゃ安いってわけではないですけど、通販はやっぱり便利ですね。

睡眠薬の通販Q&A

こちらでは睡眠薬の通販によくある質問を紹介しています。

Q、睡眠薬は眠れない夜だけ飲むのはOK?

A、不眠症の中には寝付けないときだけ服用しても問題ありません。しかし、不眠の症状が重い場合やいくつかの睡眠薬を服用している場合には不眠症状が悪化する恐れがあります。

そのため、通販で睡眠薬を購入するとしても、不安な場合には一度病院で相談してみるのがおすすめです。

Q、通販で安く睡眠薬を買う方法はある?

A、少しでも安く睡眠薬を買うためには、

・いくつかの通販サイトを比較する

・まとめ買いをする(一度試した上で)

・送料無料で買う(送料無料サイトor条件を満たして送料無料にする)

・ジェネリック医薬品を選ぶ

・キャンペーンを活用する

・手数料がかからない決済方法を選ぶ

上記の方法をお試しください。

Q、ちょっとでも早く届けてもらう方法はある?

A、ありません。荷物は国際書留郵便で届きますので、速達や日時指定受取は不可です。

ただし、通販は入金確認後の発送となりますので、入金をは安くませると発送手続きも早くなります。

Q、睡眠薬はどんどん量を増やさないと効果を感じなくなる?

A、現在ある睡眠薬はどれも安全に服用できますので、量を増やす必要はありません。効果が穏やかな睡眠薬であれば効果を実感できるまで増量しますが、徐々に効かなくなる事はありません

睡眠薬の購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました